マサ子さんのかっぽう着の特徴 を詳しく・・・。



f0182586_2352615.jpg

「割烹着」という作業着ではなく、おしゃれなホームドレスと言った方がいいのかも知れません。

ふんわりとしたデザインが可愛く、なんとも言えないしあわせ感が・・・・漂います。 (ちょっとオーバー?)

マサ子さんならではの楽しいこだわりの部分をご紹介します。
同時に徹底して丁寧な縫製もごらん頂けるでしょうか。


f0182586_016462.jpg

まず一番の特徴は、タックを取ったふんわりとした袖。 
少しドロップした肩に短め(8分くらい?)に作られています。袖口のギャザーとでパフスリーブになります。
袖付けもゆったりなので、厚手のセーターを下に着ても平気です。

次はポケット。全部で3つ 付いています。

f0182586_03936100.jpg

これはマグカップ!ですよね。カーブも楽しそうに縫い上げられています。

画像では見えない片方には大きなポケットが一つ。もちろんすべてカーブです。

裏の縫い代の仕末も完璧です。(袖ぐりはバイアステープでくるまれて)

襟ぐりは大きく開いて全体のふんわりした感じと、良いバランスです。
脱ぎ着もおかげで 簡単です。
ハイネックのシャツの色を、襟と袖から出してアクセントにするとお洒落です。


後ろはボタン(9個)と、リボン(3個)の2タイプがあります。

f0182586_1282899.jpgf0182586_1253113.jpg

長めの着丈に、両脇の長いスリットがあります。(最初の画像をごらん下さい)

布地はいろいろ変わります。和柄・花柄・幾何模様・無地などなどマサ子さんの自由な発想で。





9号から13号くらいのサイズの方に対応します。

スカート・パンツ・そして着物にも合うマサ子さんのかっぽう着、どうぞお試しになりませんか?


追記  こちらのページもどうぞ。
by tousenbou08 | 2009-02-24 01:52 | うつわ以外のもの | Comments(0)


<< テーブルコーディネート展が、開... スプーンの引き出物 >>