みやびな布のお雛さま

3月3日のおひな祭りには遅すぎるご紹介になりましたが・・・

『雅』さんの作品は本当に上品!  まずは帯地のお雛さま。
f0182586_22593022.jpg

ちょっと冒険でしょうか?光琳の紅白梅図屏風を背景にしてみました。
無地の光過ぎない屏風と合わせるのが無難なのですが・・・

お雛さまは、背景の屏風や舞台(敷物・塗り台など)の広さや質感の違いでまるで雰囲気が
違ってきます。
 (陶千房でいつもお取り扱いしている「キタ陶房」のお雛さまも、塗り台や屏風の組み合わせ
  などわがまま?をお願いして「陶千房仕様」でコーディネートすることもあります。)

素晴らしいちりめんのお雛さまもひと組飾っています。
f0182586_2324879.jpg

ふんわりと重ねられたちりめんの布の組み合わせは、雅さんならでは。日本の布は美しい!
「でもこんな布がもうなかなか無いのですよ・・・」とのこと。

f0182586_025391.jpg

このように朱塗りの杯などに載せても、いいですね。 お好きならばお付けします。

帯地のお雛さまもちりめんのお雛さまも、小さなものですが存在感があります。
おとなのためのお雛さま、きっと宝物になることでしょう。

画像が良くないのでぜひ実物をごらん頂きたいのですが。。。
by tousenbou08 | 2009-03-03 00:17 | うつわ以外のもの | Comments(0)


<< 『長崎の食とテーブルコーディネ... スプーンの引き出物 ラッピン... >>