焼締の宝瓶



宝瓶=ほうひん と読みます。
本来は「玉露」のための急須ということですが、1~2人用の小さな急須を
お探しの方に喜ばれています。

f0182586_0171434.jpg

               【 小川洋子 焼締掻き落し宝瓶 6825円 】

取っ手が無いので 本体を上から直接持ちます。小さな宝瓶を包み込むように持つ仕草が
優しくて、いい感じです。

焼締はお茶の味を美味しくするばかりでなく、使い込むとつやが出てしっとりと良い風合いに
なります。  (育てる・・と言いますね)
また、この丸いふくらみで茶葉が充分に開くことによって、
お茶の美味しさをさらに引き出してくれることでしょう。

この宝瓶の魅力は上記の特徴に加えて、掻き落し草花の美しさがあります。
小川さんならではの繊細な掻き落しです。
焼締独特の火色など窯変も、味わいを深くしてくれています。

使うほどに愛着が増す小川さんの宝瓶を使って見ませんか?

(隣のカップは焼締ではなく、釉薬が掛かっています。)
by tousenbou08 | 2009-04-08 01:15 | うつわ | Comments(0)


<< 今夜(9日)は、満月です。 いつもの場所に。 >>