うちごはんの器展、二日目でした。



今日はぐっと冷え込みました。
うちごはん展初日の昨日は、朝から小雨。
あいにくのお天気ですのに 足を運んでいただいたお客さまには心から感謝致します。

庭でごらん頂くには寒いので、少々窮屈なディスプレイですがほとんど店内での展示になりました。

f0182586_0572325.jpg

例えばここは深皿や浅小鉢を集めたコーナー。こんなふうに重ねて展示しています。
せめてとなりどうし引き立て合うもので・・・くらい心がけてはいるのですが、ぎゅっと詰まっています。

今回の展示会は個展ではなく、この季節に欲しいいろいろな作家の作品が集まっていてきっと、
楽しんでいただけるのでは と思います。
少しづつご紹介していきますね。

f0182586_1132518.jpg

               【達    飴釉一珍7寸皿 3150円 、同5寸深皿 2835円 】

これまでなかったタイプのとても美しいお皿です。内側のベージュとリムの飴釉が柔らかに調和
しています。 7寸皿は洋皿のようなキリッと固い形、深皿の方はなぶった柔らかな形です。

f0182586_1321934.jpg

               【 中垣連次  鼠志野ぶどう文たわみ盛鉢 4725円 】

煮物などをどーんと盛りたいですね。
「和」ってかっこいい!と思わせる器、上質感とお値段の意外性が嬉しい中垣さんの器、
オススメです。 

おでんの器・シチュウの器・お鍋の取り鉢・スープの器など、いろいろありますよ。



狭いお店にぎゅうぎゅう・・・も、なかなか楽しいです。
by tousenbou08 | 2011-12-10 01:47 | 企画 | Comments(0)


<< ハコリエボタンの実力。 うちごはんの器展12月8日から。 >>