『小川洋子 ひゃくの急須2012』 こんな感じです。

3日目の今日は、しっかり?雨の月曜日 でした。
こんな日は ゆっくりと家で過ごしたい・・・ と誰もがそんな気分になるのでしょうか。。。
まなび野の森全体にお客さまが少なく 静かな一日でした。

雨(いえオート専門の私のギジュツ?)のため暗い画像ですが、写真を撮る時間はできました。

 
小川さんの工房の近くの山から という薮椿を、小川さん自身で活けて下さいました。
のびのびと大きく・・・私も好きな活け方です。

f0182586_2330591.jpg

小川さんの作品は、
皆さまが 「ほんとに全部 同じ作家さんなのですか?」と 驚かれるくらいに、
かっこいいしのぎの粉引や、渋く繊細な掻き落とし草花のほかにも いろいろと、
全く違うデザインやアイデアを登場させています。

中でも 透明感のある美しい色と線のポップなデザインで描かれた「色絵シリーズ」は、
テーブルにあったら楽しそう!と とても人気です。

f0182586_23504785.jpg

ポットだけが写っていますが、横手の急須や宝瓶もいろいろなタイプがあります。
素敵なカップ類も 新しい形・大きさのバリエーションが増えました。


もう一つ、人気の「どくだみシリーズ」も ごらん下さい。

f0182586_024218.jpg

粉引のベースに、 ニュアンスあるグリーンの濃淡が優しい どくだみの絵です。
小川さんの生け花と同じように、自然でのびのびと描かれていて気持ちいい!絵です。



デザインは変わっても、 使いやすく・洗いやすい!急須に変わりありません。

道具としての基本は どれも抜群の出来です。
by tousenbou08 | 2012-03-06 00:52 | 企画 | Comments(0)


<< 小川洋子 ひゃくの急須2012... 小川洋子 ひゃくの急須2012... >>