小川洋子 ひゃくの急須2012 粉引など

小川作品の基本とも言える 粉引と灰釉のシリーズです。

f0182586_22302954.jpgf0182586_22311169.jpg




















どちらの色・風合いがお好みでしょうか?
ここに写っていない「しのぎ」の施された『ドリッパー&ポット』も 欠かせない定番として、
白(粉引)とグレー(灰釉)、それぞれ人気があります。


「梅」のシリーズは、また違った描き方(乾山写し)で、惹かれる方も多くおられます。

f0182586_2362024.jpg

かわいい!宝瓶と小煎茶です。 

ずっしりと見えているかもしれませんが、小川さんのすべての作品同様 軽いです。
粉引の風合いも 窯変が強く出ていて絵柄とマッチしていますね。


これらの他に、『掻き落とし草花』シリーズは釉薬の掛かったものと焼締の2タイプがあります。
掻き落としの絵の見事さも、形の良さも ごらん頂きたいと思いますが 次回に。。。


ギャラリーでの展示は、明後日8日3時までです。
たくさんの中からぜひ ご自分の手にぴったりの急須を見つけてみませんか?





 
by tousenbou08 | 2012-03-06 23:31 | 企画 | Comments(0)


<< 小川洋子 ひゃくの急須2012... 『小川洋子 ひゃくの急須201... >>