「どくだみ」 が咲きました。



陶千房のつくばい廻りに どくだみが咲き出しました。 季節が巡って来たのですね。

f0182586_22445996.jpg
花も葉っぱも その色と形が、そして全体の姿も “デザインされたもの ”としか思えない美しさ。
でも臭いがねぇ と必ず言われるのですが、それほど嫌な臭いでもないのにな・・・と
秘かにかばったりしてしまうほど、愛すべき花だと思っています。


どくだみを描いた小川洋子さんの急須やカップは、とても素敵です。

f0182586_23155073.jpg

粉引に緑の濃淡が爽やかですね。

f0182586_23285297.jpg

焼締に“掻き落としで”描かれた 見事な つる付き花器。 
一輪のどくだみは、、雅 さんの布花 です。 

雅さんの布花は、実物をじっくり観察して作られています。


どくだみが咲く時期にいつも 『宮川文英さんの陶&鉄 と 吹きガラスの作品展』 を催しています。
今回もギャラリーいっぱい、 どくだみが活躍してくれることでしょう。。

               6月8日からです。 お楽しみに!
by tousenbou08 | 2012-05-24 00:12 | うつわ以外のもの | Comments(0)


<< 『吹きガラスと陶&鉄の作品展』... 加藤祥孝 『灰釉線彫り雲形小鉢』   >>