小川洋子 『宝瓶(ほうひん)』



取っ手の無い小ぶりの急須 宝瓶(ほうひん)、今陶千房に展示中の3点をご紹介します。


f0182586_0563842.jpg

               【 粉引面取り宝瓶(つまみケヤキ)  6825円 】

f0182586_0591374.jpg

               【 焼締掻き落とし宝瓶(椿絵)     7140円 】

f0182586_0595415.jpg

               【 色絵宝瓶        7140円 】



どれも上質感のある作品3種、お好みはどちらでしょうか?
一つ一つ大きさや形も多少違っていますが、容量はほぼ300cc弱 見た目より入ります。
一人用にと 求める方も多いのですが、湯のみにもよりますが 二人分もOKかもしれません。

見事な茶漉しの穴や洗いやすさなど 小さい急須であっても小川さんの急須の特性を
満たしていて、ゆっくりと美味しいお茶を淹れるのに最適です。

小さくて愛らしい姿 と 持つときの所作の美しさも 宝瓶の魅力かと思います。
それぞれの蓋のつまみのデザインも、持ちやすさはもちろんのこと 宝瓶のアクセントと
なっていますね。


f0182586_1214034.jpg

by tousenbou08 | 2013-08-02 01:19 | うつわ | Comments(0)


<< 鍋島緞通 と ながさきボタン。  西本なほ作 『青の家・白の家 ... >>