木下さんの「木のスプーン」再入荷しました。



f0182586_21291218.jpg

金沢より木下輝夫さんのスプーンが届きました。

「こんな用途には・・・」「小さな子供には・・・」「深い器の時、浅い器の時は・・・」等など
ひとつひとつ考えながら、削ったり 磨いたりを繰り返して仕上げられたのだろうな と
それぞれの作品から見えてくるような気がします。


色々な木下さんのスプーンのうち今日はティスプーンについてお伝えします。

f0182586_2353517.jpg

             画像右側の横向きに並んだのがティスプーンです。

いつも入荷から間もなく売り切れてしまう 「ティースプーン」。
色々な種類の木が使われていて、並べると木肌や木の色のバラエティが楽しい♪です。

ティスプーンは混ぜることが一番の仕事ですから、匙部分は浅い窪みが共通の要素
ですが、丸いの角っぽいの・大きさもいろいろに作られていますので、「混ぜる」プラス
の「機能」もいろいろと考えられます。

アイスクリームなどに最適!だったり、離乳食をお母さんが食べさせるのにちょうど
良かったり,細いヘッドのものは?・・・そうだ!柚子胡椒などを掬うのに素敵な道具に
なるな などと思いめぐらしたり、お客さまのアイデアをお聞きしたり と、中身の濃い
「ティースプーン」なのです。

何よりカップのそばに添えるだけで美しい「ティースプーン」です。

価格は630円! ・・・嬉しいけれど申し訳ないような気がしますね。




         
by tousenbou08 | 2008-12-02 00:46 | うつわ | Comments(0)


<< 木下さんのスプーン その2 来年の干支 『丑』の置き物 再... >>