<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あんあん堂さん 納品に来られました。




長男くんと 誕生したばかりの赤ちゃん(女の子でした)を連れて、健志さん亜紀さん
家族揃って納品に来て下さいました。

今回、一輪挿し(『涙壺』)など本当に久々の作品もあります。

f0182586_02698.jpg

その他、お客さまのご要望で生まれた新作「色絵のマグ」なども含めての入荷です。

f0182586_0501576.jpg

それぞれ少しづつ届いていますので、お早めにお越し下さいね。
by tousenbou08 | 2009-05-29 01:07 | うつわ | Comments(0)

宮川文英さんの 角盛皿



黒のどっしりとした高台の上に、載せられた正方形のお皿。

f0182586_0132995.jpg

               【宮川文英 高杯正角盛皿 4725円(税込み)】


折り紙を思わせる対角線の折線?がシャープな印象。
重量感のある黒い足とのバランスが絶妙なかっこいいお皿ですが、さて何を盛りましょうか?

まん中にこんもりと・・・いろいろとイメージをふくらませて下さいね。

  
        
f0182586_0422119.jpg


今回の便には、このデザインは二種届いています。

   (ごらんのとおり宮川さんの作品、クオリティの高さとお手頃価格が喜ばれています。)

                
 宮川文英アートな器展2009
                 6月5日(金) ~ 10日(水)
                 森のギャラリー にて
                                実物をごらん下さい。
by tousenbou08 | 2009-05-27 00:50 | うつわ | Comments(0)

マサ子さんのエプロン・かっぽう着。展示会初日です。

五月の爽やかな風がここち良い一日。
マサ子さんのエプロン展を楽しみになさっていたお客さまが、次々に訪れていました。

f0182586_23281834.jpg

皆さま、マサ子さんとの会話を楽しみながら、試着をしたりお気に入りのエプロンを探して
おられました。
手間のかかった作品がとてもお手頃価格なのに、びっくり!喜ばれていました。

かわいいお子さま用も好評だったようです。
より良きものにしたいと、マサ子さんはお客さまのご希望やご意見に真摯に耳を傾けて
おられました。


あと二日開かれています。鍋つかみなど、オリジナル小物もたくさんご用意なさっていますので
どうぞお越し下さい。
by tousenbou08 | 2009-05-26 00:24 | 繋がり | Comments(0)

マサ子さんのエプロン・かっぽう着。展示会は明日からです。

マサ子さんのエプロン展、『 手作りエプロン展示即賣会 』が
森のギャラリーにて明日から始まります。(5/25~ 27の3日間)

ディスプレイ作業をお手伝いして来ました。 素敵!な作品がいっぱいでしたよ。
 
今回の印象は、ひとことで表現するとすれば「上品な華やかさ」でしょうか。

布地を生かしたデザインやシルエットの美しさに加えて、その完璧な縫製によって上質感が
溢れています。手間を惜しまないディティールのアイデア、そこにもやはり完璧な縫製が・・。

気軽に巻けるショートからシンプルなサロン、ギャザーたっぷりのもの、男女両用のかっこいい
形、大人気のかっぽう着など・・・
どれもマサ子さんオリジナルの洗練された作品です。

 
今回特に、お洒落にうるさい?若い方にも喜ばれるのでは と思います。

画像無しのレポートで申し訳ありません。百聞は一見にしかず、ぜひ足をお運び下さい。
by tousenbou08 | 2009-05-24 23:43 | 繋がり | Comments(0)

ドクダミの花 咲きました。

陶千房の庭のつくばいの周りに、今年もドクダミの花が咲き始めました。

f0182586_23124069.jpg

純白のシンプルな花の美しさにははっとさせられます。黄色の花芯・ハート型の葉の緑との
組み合わせも、みごとなデザイン?ですね。

今店内には、吹きガラスのミニ花入れに挿しています。
昨年の今頃、宮川展でもいろいろな花器に生けて楽しみました。ホント、宮川作品との相性
抜群!ですので。

しつこいと言われそうですが、これからしばらく画像には ドクダミが登場することが多くなると
思います。

f0182586_23444420.jpg

by tousenbou08 | 2009-05-23 23:45 | 風の森まなびのだより | Comments(0)

宮川文英さんの器 細長いお皿



いかがでしょうか? ちょっと盛り付けてみたい!と思われませんか?

f0182586_748515.jpg

                【 宮川文英  長角皿 4200円(税込) 】

初めて宮川さんの作品を見た時、粉引きのようなシンプルなもの以外はどうも苦手です・・・
とおっしゃる方もおられますが、そういう方の中にも使ってみてファンになられる方も多いのです。

個性的(=クセがある?)だからと恐るおそる付き合ってみると、とても魅力的だった・・という発見
ありませんか?ヒトも、モノにも。 それだけに驚きも、そして感動も大きいようです。

さて、こんな細長いお皿には何を盛りましょうか?

おにぎりを並べて?または、大葉などをあしらいながらお刺身を3種類くらい置いたり、
それともワインに、数種類のチーズを盛り合わせて・・などといろいろなシーンを思い描くことが
できますね。

緑の葉っぱをアクセントにあしらって、自由に盛り付けを楽しんでみませんか?


               宮川文英アートな器展2009 
             6月5日~10日  森のギャラリーにて
                                                                          
f0182586_7532718.jpg






                
by tousenbou08 | 2009-05-23 00:29 | うつわ | Comments(0)

宮川文英さんの器 花器



花を生けるなら唐津や備前などの灰釉や焼締、または粉引きなど・・・絵付けのないものに
限る と思っていました。
もちろんそれらに生けた風情ある佇まいは、見るのも活けるのも大好き!です。

ですから宮川さんの花器との出会い、器との出会いはカルチャーショックとも言える
ものでした。 

f0182586_0223543.jpg

           【宮川文英 アイアン木台付花器 7350円(税込) 】2008作陶展より

これまで、宮川さんの創り出されるいろいろな花器に出会って来ました。

木や鉄と組み合わせたオブジェでもあり花器でもある、というような斬新な作品ばかりですが
いつも挿した草花が生き生きと輝き出す!不思議に驚かされます。

その造形はもちろんですが、あの模様のちから・・なのではと思います。
絵付け・・というカテゴリーではない、デザインされた宮川さんオリジナルの模様。

この模様と草花が一体になって、生きたオブジェになると思うのです。


     2008年の宮川展のころはまだこのブログを始める前で、花器の写真はHP用に
     小さな画像に加工してしまっていて、大きいサイズはこの画像だけ。
     もっと素敵!と思って頂ける画像にしたかったのですが・・・


小さな壁掛け一輪挿しなどもあります。自分がアーティスト??になったように思える・・・
宮川さんの花器を多くの方に楽しんでいただきたいな と思います。
by tousenbou08 | 2009-05-21 01:40 | うつわ | Comments(0)

宮川文英さんの器 マグカップ



宮川さんよりの一便の中から、作品のひとつをご紹介いたします。

f0182586_2355790.jpg

                【宮川文英 マグカップ 2730円(税込)】

今回届いた宮川さんのマグのひとつ、このハンドル 意外に持ちやすいのですよ。

だいぶ以前から作られていて、陶千房でも人気の作品でした。

そういえば、ここまなび野の森のお向かいの「シーボルト大学」の非常勤講師だった
故筑紫哲也さんが「カフェ・ド・ジーノ」に立ち寄られた時、このカップでコーヒーを
飲んでおられた姿を思い出します。         (模様の色はブルー系でした)

カフェのオーナーがカフェのカップの中から、筑紫さんにはこのカップで・・と選ばれた
のですが、カップって、持つ人に似合う!絵になる!と思える時がありますね。

素敵な人が持つとますます素敵に見えますし、そうでない人・・・?もよりかっこよく
見せてくれるマグ・・なのです。


手前は細長~いお皿。
並べて盛り付けるだけでお洒落!になるこのお皿については、次回ご紹介致しますね。




宮川文英アートな器展2009 
6月5日~10日  森のギャラリーにて
   
by tousenbou08 | 2009-05-17 00:12 | うつわ | Comments(0)

大石順一作 『オリジナル風鈴』 届きました。




f0182586_22395962.jpg小っちゃくて可愛い風鈴です。

シンプルで洒落たデザインに、マットな土肌がやわらかな表情を添えています。

ちりんちりん・・とひかえめで澄んだ音。

窓辺に吊るすと爽やかな風が吹いてくる・・そんなイメージの風鈴です。

f0182586_23144442.jpgf0182586_23175820.jpg
白と青の2種類。

磁器製。

   
1260円




   「今」のインテリアに合うさりげなさ・・・こんな風鈴をお探しではありませんでした?
by tousenbou08 | 2009-05-15 23:41 | うつわ以外のもの | Comments(0)

マサ子さんの「手作りエプロン展示即賣会」が催されます。



陶千房でも大変人気のマサ子さんのエプロン・かっぽう着。
今回4度目の展示会を開かれます。

生地を選ぶことから製作まですべてひとりで(しかもとても楽しげに・・見えます)
いつも前へ前へ・・と進まれるその力は、華奢な姿のどこから湧き出て来るので
しょうか?

生地選びのセンスにも、その生地を生かすデザインのアイデアにも、マサ子さんの
若い!感性に、ずっと年下の私が驚かされるばかりです。

今回も、マサ子さんが心に秘めたテーマでのエプロン・かっぽう着がいっぱい並ぶ
ことと思います。どうぞ足をお運び下さい。

            『 手作りエプロン MASAKO 展示即賣会 
                  5月25日(月)~ 27日(水)
                  風花まなび野店  森のギャラリー 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 やはり今回も、マサ子さんのご案内文の言葉をご紹介いたします。

           道端のスミレの笑みが いとおしく
           立ちどまり笑みをかえし いのち和むこの頃でございます

           布に向き合い前掛けづくりが続けられますこと
           老いのわたくしには生きている証です
           今日まで温かくお力添えくださった多くの
           皆様方のお陰でございます
           こころから 感謝致しております

           森のギャラリーでの展示会 四度目となります
           和の風情と洋の形を一枚のエプロンに試みました

           おこころ お寛ぎいただけますよう勤め
           心から皆様のお越しをお待ち申し上げます

                                奥野マサ子

         
f0182586_952463.jpg

                                      前回の展示会から
by tousenbou08 | 2009-05-15 01:13 | 繋がり | Comments(0)