お手製の 栗羊羹

手作りの栗ようかんを頂きました。
f0182586_23395023.jpg

               【 熊谷雅博 織部しのぎ角小皿 840円 】

せっかくですので 写真を・・・と、熊谷さんの織部小皿に盛ってみました。
木下さんの和菓子用フォークを添えて。  バックの赤は古代朱の折敷です。

   ちょっと強すぎる配色、ほんとはきれいな織部のグリーンが消されてしまいました。
   緑と赤は補色ですものね。
   折敷の裏は黒ですので黒をバックに、今度撮って見ましょう。


撮影後、いただきました♪

なめらかで上品な甘さ、美味しい~。 おごちそおさま~。
# by tousenbou08 | 2008-12-25 00:07 | うつわ | Comments(0)

朱塗りの重箱 



深い赤。
現代の暮らしやインテリアにぴったりの お洒落な重箱をご紹介します。

f0182586_2381983.jpg

         【 越前塗三段重 15750円 】

端正なフォルムに、ぽってりとした手塗りの漆の質感が温かみを添えています。

価格もお手頃ですので、お正月だけでなく 持ち寄りのお集まりなどに詰めて
行ったり・・・など、気軽にお使い頂けますね。

角度をずらして重ねて一輪の花をあしらい、オブジェとして飾ってみたら・・・
などとイメージを膨らませてくれる かっこいい重箱です。

あんあん堂のこの盛鉢も、いっしょにご紹介します。

f0182586_0352687.jpg

         【 あんあん堂 さらだぼーりゅ 4095円 】

お正月にふさわしい絵柄ですし、普段にもサラダ、煮物、春雨スープなど
出番の多い器になると 思います。


 12/29追記
 この重箱『ある方・・』がお買い上げ下さった後、風花で このような製作現場に
 遭遇しました!  こんな素敵な使い方があるのですね。 
# by tousenbou08 | 2008-12-24 00:12 | うつわ | Comments(0)

家族みんなで うちのごはん




先日、家族の持ち寄りホームパーティをしました。

それぞれ家庭と仕事を持っていると、なかなか 集まることってむずかしいのですが。
の お誕生日はみな万障繰り合わせて・・・でも無理のないところで、2品ほどの
料理を持ち寄ることにしています。

    
       陶千房でお取り扱いの作品については作家・品名を記しました。
       現在在庫がある物のみ価格を記しています。

f0182586_095913.jpg

 【八木橋昇 黒釉6寸深鉢2940円 / 日比野正明 染付ライン角盛皿5775円】

f0182586_0113493.jpg

     【 君波延昌 赤絵扇形小皿揃 】

f0182586_0123841.jpg

         【 中村慎二 朱巻金彩梅形小皿揃 】

f0182586_0131920.jpg

         【 佐藤和次 鼠志野かご目8寸皿 5775円 】

f0182586_0153864.jpg

         【 宗山窯 ジャパネスクリム付5寸深皿 2100円 】

f0182586_026464.jpg

  【中村慎二 粉引だ円銘々皿揃 / 古谷信男 渕荒横彫渕厚9寸皿5250円】


どれも作り慣れた「フツーのおかず」ばかりですが、みんな美味しかった・・。

ちょっと「おご馳走」に見ていただけるとすれば、それは「うつわ」のおかげです。

『うつわは魔法!』・・・ですから。
# by tousenbou08 | 2008-12-21 00:48 | うちのごはん | Comments(0)

あんあん堂 スープ碗




こちらもお客さまのご注文で生まれました。

もともとあったスープ碗の形に、「うどんどん」のような絵のバリエイションを・・とのご希望
でした。 白地に線描きのイメージで、こんな二つの絵柄のスープ碗ができました。

f0182586_21403590.jpg

f0182586_21405917.jpg

       【 あんあん堂 スープ碗 2625円  菜の花とうさぎ、さくら草ととり 】

そして内側にもこんなにきれいに 描かれていて・・・贅沢!ですよね。
f0182586_21501746.jpg


今回の窯上がり、マットな質感で青味が抑えられた渋い?仕上がりとなっています。
先のページでご紹介しました 「厚手だ円皿」と同じ上がりです。

ひっくり返すとこんな感じです。ほんとに全体に描きこまれていて 感動!

f0182586_2283040.jpg

# by tousenbou08 | 2008-12-19 22:11 | うつわ | Comments(0)

濱田高滋  赤絵の酒器



「こくのある明るい朱赤」と表現すればいいのでしょうか? 
有田から届きましたが、有田焼(磁器)ではなく 土物(陶器)です。
f0182586_22284720.jpg

柔らかな土肌に繊細な絵付けが施された濱田さんの作品。

繊細・緻密だけど鋭くない筆のタッチが たくさんの赤絵の器の中でも、あ・濱田さんのだ!
と分かる個性です。
朱・緑・金の絵付けと地色のベージュの調和が、上品で雅びです。

f0182586_22394339.jpg

       【 濱田高滋  赤絵花詰め酒器セット   21000円 】

お正月にふさわしい酒器を と考えるとやはり 「これ」 が一番おすすめ!!です。 

f0182586_23372354.jpg


お正月だけでなく、ご家族に嬉しいことがあったときなどにも 気軽にお使い頂けますね。

    ☆2012年12月     価格など少し記事を訂正致しました。
# by tousenbou08 | 2008-12-18 23:11 | うつわ | Comments(0)