タグ:いろいろな作家 ( 26 ) タグの人気記事

うちごはんの器展2016開催します。



f0182586_19133481.jpg

ギャラリーでなく陶千房店内での展です。
常設の作品に加えた形でごらんいただきますので、店内ぎっしり豊富感マックス
となっています。

美濃・信楽のいろいろな作家作品の中から、お好きな器に出会えると良いですね。
豆皿・豆鉢もお楽しみに。

f0182586_19224838.jpg

数日前 大きな段ボール8個届きました。
ぎっしりと詰まった120アイテムの作品すべて出し終えましたよ。
もともといっぱいの狭い店内、絶対に入るはずがないと思ったのですけれど(笑)。

DMは11日からとしていますが、ブログをごらん下さっている皆さまは一足早く
どうぞご来店お待ちしています。
by tousenbou08 | 2016-11-08 19:52 | 企画 | Comments(0)

豆皿コレクション♪



f0182586_20150699.jpg

新作も加えて素敵な豆皿いろいろ入荷しました。
 
デザインと丁寧な仕事 が小さな器の中に詰まっているのも豆皿の魅力の一つですね。
3種類くらい並べたり、プレート皿にのせてワンポイントにしたり、、、
乗っける料理や食材を考えたり、使う場面をイメージするだけでワクワクしませんか?

上質であっても小さな作品ゆえに お値段もかわいい^^です。 
今回ご紹介したのは 磁器あり、陶器あり、作家いろいろですが、一枚1000円(税別)

by tousenbou08 | 2016-09-30 21:08 | うつわ | Comments(0)

気の利いた小さな器


f0182586_17155474.jpg

山本一仁      藍釉高台小付      1500円(税別)


横方向に削り模様が入ったどっしりした高台につながった3弁のリンカ小鉢がかわいい、
今回は藍釉を選びましたが 織部もあります。

ちょこっと珍味やあえものもいいですがカットフルーツなどデザートにも活躍しそう。
プレートに載せてもアクセントになります。


f0182586_17322869.jpg

大石順一      練り込み角小皿      1500円(税別)


シャープな形に練り込みの手仕事が温かい味付けを。
和菓子をモダンに見せてくれたり いろいろな食材と合う賢い豆皿です。


2点の小さな器、お盆休みの間 お茶のおもてなしにあったらいいなと
思ったのでした。
by tousenbou08 | 2016-08-17 17:42 | うつわ | Comments(0)

入荷ご案内のつづき。


やっとやっと梅雨明けしましたね。
となると猛暑の日々の始まりでもあります。 皆さま頑張り過ぎないでお身体大切に!


f0182586_1563094.jpg


先日ご紹介した 原 光弘さんの おしょうゆ差しと マーガレットと名付けられた
台つきグラスが 再入荷しています。

吹きガラスは 厚みもあって丈夫、ガラスの危うさや鋭さがあまりないのでぜひ
普段使いにおすすめです。

f0182586_15151279.jpg


これもご紹介したばかり、好評の赤絵片口鉢と 両手付きの粉引きだ円鉢も3点づつ
の再入荷です。

加藤芳平作『舞牡丹ケーキ皿』も 届きました。
リム付きフラットな洋皿仕様 シフォンケーキやパン皿に 最適のお皿です。 
by tousenbou08 | 2016-07-19 15:24 | うつわ | Comments(0)

マグやそば猪口など 届きました。



f0182586_2036253.jpg


待っていた♪マグカップたち。

家や花のイラストがおしゃれなかわいい作品と、土味としのぎがかっこいい
男前の作品と、正反対の両方に心惹かれます。

f0182586_20372091.jpg


そば猪口 フリーカップ、いろいろに重宝しますね。

しのぎのマグカップ・そば猪口は、ごらんの通り白(粉引)・黒(鉄釉)があります。
どちらも素敵な質感、しかもビックリするほどのお手頃価格ですのでぜひ店頭で
手に取ってごらんください。


その他の作品も好評なものばかりですが、少量入荷ですのでお早めにどうぞ。。
by tousenbou08 | 2016-07-15 21:48 | うつわ | Comments(0)

赤絵のおかず鉢 



f0182586_22322715.jpg

鈴木工友 赤絵片口鉢 18㎝(片口分+1㎝)x15㎝ 高さ9㎝ 3500円(税別)


絵付けのスピード感が見えるような筆のタッチと洗練された色絵が心地よい♪ 
鈴木さんの片口鉢です。

深さ(=高さ)のあるこれくらいの鉢がテーブルにあると、全体のアクセントにも
にもなりますし、煮物やいろいろなおかずを盛り付けるのに重宝します。


f0182586_22352234.jpg

内側には、鈴木さんが楽しんで描かれた・・ことが伝わる “落書き”が描かれて
います。それを見るのも楽しみ^^

片口もごらんのとおり ゆるやかな輪郭のポイントのような遊び心あふれるものです。

使う側も楽しくなる 軽やかな赤絵のうつわ、お一ついかがですか?
by tousenbou08 | 2016-07-02 23:28 | うつわ | Comments(0)

おかず鉢



f0182586_15382784.jpg

中尾彰秀(岐阜)  粉引鉄粉煮物鉢        3000円(税別)


鉄粉が散りばめられた土の風合いがまさに和食器といった感じですが、
このような両耳が付くと洋風おかずにも似合ってしまう 包容力のある器です。

名前のとおり 煮物からいろいろな一品の盛鉢として重宝しそうです。
また深さもあるので ポトフなどご家族銘々のメインディッシュにも大活躍して
くれるでしょう。


f0182586_15385743.jpg

サイズは 耳を入れない長辺   20cm×16.5cm 高さ5cm


中尾さんの硬質な質感の粉引、ざっくりと男前な形作り・・・が、
上品でかわいい^^と感じるのはなぜなんだろうと思います。
by tousenbou08 | 2016-06-22 16:20 | うつわ | Comments(0)

6月14日は開店が遅れます。



都合により 6月14日(火)は、pm1:00頃オープンいたします。
ご迷惑をおかけしますが どうぞよろしくお願いいたします。

なお先日お知らせしましたとおり 夕方はpm6:00まで営業していますので、
お立ち寄り下さい。



f0182586_014334.jpg


ポピーの絵付けが印象的な小どんぶり。 
色はもちろんですが 迷いのない繊細な線が美しい!

スキッとしたフォルムやさらっとした粉引きの質感と相まって、きれいだなぁと
見入っています。

夏の麺鉢にいかがですか?
by tousenbou08 | 2016-06-14 00:33 | お知らせ | Comments(0)

これからの器いろいろ入荷しました。



f0182586_9533016.jpg

佐藤和次 織部乾山写し八寸皿 5500円 /中村慎二 糸巻き七寸角皿4000円(税別)

土物の醍醐味を味わえる美濃のうつわが届きました。

中村さんの完璧に美しい糸巻き皿は魯山人写し。程よい厚みと大きさの盛り皿です!
どちらもそれぞれ有名なを意匠を写したものですが、作家の個性が反映された独自の
作品になっていると思います。

f0182586_9545959.jpg

これまでおなじみの魯山人写しの かに絵 草文 椿などと同じように、
こちらは乾山写しですが 力強くおおらかな筆跡は佐藤さんならではの作風です。
  

以前にも入ったことがあって ぜひまた皆さまにご紹介したいと思ったうつわが
少しづつ届きました。 信楽の作家さんのもあります。


f0182586_956425.jpg
f0182586_9565788.jpg

f0182586_9574519.jpg


久留米の馬場勝文さんの耐熱ミルクパンも久々に入りました。
人気が高く入荷しにくいので、お好きな方はお早めにゲットなさって下さいね。
by tousenbou08 | 2015-10-17 09:58 | うつわ | Comments(0)

栗の渋皮煮 をいただきました!


こんばんは。
ただ今 長崎県も台風19号の暴風圏内に入ったようです。  
最近の台風は大型化していて 中心部から離れていてもその影響は侮れませんから、
日本列島すべての地域が 無事でありますようにと願います。


f0182586_2223726.jpg


風が強くなって来て もうどなたも来られないだろうと思っていた時、
「栗を煮たから どうぞ!」と まなび野にお住まいのお客さまが 届けてくださいました。

ほんっとに 大好物なので もう嬉しくて!感激です。
その手間を知ると私には絶対無理だと この歳に(いくつ?^^)なるまで挑戦できずに
います。

貴重なものです。 ただパクリッではもったいないので・・・・・

中村慎二さんの豆皿が良く似合う “栗の渋皮煮”。
小川洋子さんの粉引き宝瓶 と これも中村慎二作小ぶりの碗をセットして撮りました。

和菓子用にと作って頂いた 木下輝夫さんの紅梅材の 楊枝。
お盆は古い道具などを独自のリメイクで素敵な作品を作られる 夢工房さんのものです。


撮影後 いただきましたよ。
ほっくりと上品な甘さ! 栗の風味が最高でした。  本当におごちそうさまでした♪
by tousenbou08 | 2014-10-12 23:01 | うつわ | Comments(0)