タグ:大石順一 ( 23 ) タグの人気記事

鯛茶漬け♪


f0182586_23243637.jpg

わくわくする春の食材の代表は、鯛と菜の花‥ですよね^^

鯛のお刺身用のサクが お安くてしかも一目で新鮮だったので即かごへ。
そして夕方のお買い物ではいつも品切れの菜の花も手に入り、ラッキーでした。
この日は下ごしらえして(というほどの手間ではありませんが 笑)冷蔵庫へ。
翌日のお楽しみに。

ネギやシソでなくても せっかくの旬の食材なら合うはずでは?と 迷わず
菜の花をあしらった(しかもどっさりと)鯛茶漬けにして正解でした。

熱々のお出し汁は“白出し”で簡単にしましたが、菜の花のおかげで食感も味も
豊かに。
ただ うっかりワサビのかたまりが口の中へ!!・・・お気を付け下さいね。


器は大石順一さんの赤絵の小どんぶり、明るくおおらかなデザインがお気に入り
です。 最近作って頂いたものは 高台を高めにしてあるので形も良く持ちやすく
バージョンアップしています。

今度 鯛の切り身と菜の花に焼きもちを合わせた“春のお雑煮”を、ぜひこの碗に
盛り付けてみたいな♪ と思っています。

f0182586_0165583.jpg 


大石順一  赤絵小どんぶり 3500円(税別)
丈夫な陶器です。

モダンな表情の赤絵ですので、
シンプルな器とも良く合います。
by tousenbou08 | 2017-03-31 00:26 | うつわ | Comments(0)

大石順一さんの赤絵碗が届きました。



f0182586_22284558.jpg

大石順一  赤絵唐草碗      3500円(税別)


新しい感覚の赤絵、“今”の食卓に映えるデザインだと思います。

本当はお正月のお雑煮用にご紹介したかったのですが・・いやいや
とびきり清々しい元気な赤絵ですから、普段の生活にこそ登場させたいですね。

容量的になかなか見つからないアラのお味噌汁用にも良いかもしれませんし、
豆ごはんなどご飯ものにも重宝しそうな小どんぶりです。


f0182586_2235729.jpg


実は大石さんの人気の定番作品でしたが、久々の製作で陶千房には初めて並び
ました。かっこいいしかわいいし素敵ですよ~
by tousenbou08 | 2017-01-23 23:27 | うつわ | Comments(0)

“ジーノ”のオムライス♪


f0182586_21452870.jpg

カフェ・ド・ジーノの人気メニュー オムライスを出前していただきました。

長いお付き合いなのに ホワイトクリームのソースが掛かったのは初めて。
赤いソースばかり選んでいましたが 白もとても美味しい!優しい味でした。
ハマリそうです。

ジーノのオムライスのごはんは トマト味のチキンライス or ドライカレー
ソースは 赤いちょっとピリ辛のソース or ホワイトソース から
好きな組み合わせで注文できます。

そしてオムライスといえば このハート形のお皿がお客様に喜ばれています。

陶千房に 今でしたらありますのでどうぞごらんくださいね。
by tousenbou08 | 2016-09-01 22:11 | 風の森まなびのだより | Comments(0)

気の利いた小さな器


f0182586_17155474.jpg

山本一仁      藍釉高台小付      1500円(税別)


横方向に削り模様が入ったどっしりした高台につながった3弁のリンカ小鉢がかわいい、
今回は藍釉を選びましたが 織部もあります。

ちょこっと珍味やあえものもいいですがカットフルーツなどデザートにも活躍しそう。
プレートに載せてもアクセントになります。


f0182586_17322869.jpg

大石順一      練り込み角小皿      1500円(税別)


シャープな形に練り込みの手仕事が温かい味付けを。
和菓子をモダンに見せてくれたり いろいろな食材と合う賢い豆皿です。


2点の小さな器、お盆休みの間 お茶のおもてなしにあったらいいなと
思ったのでした。
by tousenbou08 | 2016-08-17 17:42 | うつわ | Comments(0)

大石順一さんの “練りこみ”の器。



f0182586_2244422.jpg

大石 順一 練込み楕円皿 矢羽根 3700円・ストライプ 3300円(各税別) 


色の違う土を細く張り合わせたり平らに積み重ねたりした塊を スライスした
断面でこのような模様を作る(簡単過ぎる説明)・・のらしいですが、
たくさんの失敗を重ねた末にようやく作品として取れるようになったという
ことでした。

出来上がりの模様に合わせて それに至る作業のためには、様々な技術はもちろん
想像力(思考力?)が必要なのではないかなぁ と想像しただけで^^頭がクラクラ
する私です。

 
 f0182586_0384422.jpg

前回ご紹介した
カップのハンドルも
練り込みですね。



技法云々は横に置い
ても 見て楽しい、
美しい作品です。




ご興味ある方はぜひ手に取ってごらんください。
by tousenbou08 | 2016-07-29 00:57 | うつわ | Comments(0)

大石順一さんの器 届いています。



f0182586_21381566.jpg

今回もサラサラとイラストを描いての 納品書です。 一目瞭然分かりやすい!

f0182586_21433065.jpg

端正なフォルムそして 本体と質感を変えてアクセントとなっているハンドル。
このハンドルに魅了される方はきっと多いと思います。

たっぷり容量のカップ&ソーサーです。            3700円(税別)

f0182586_21553416.jpg

カフェ・ド・ジーノのために作られた ハート型のプレート皿。
ジーノの人気メニュー オムライスでおなじみの器です。
      
陶千房で他のパスタ皿の横に並べてみると 思ったよりサイズが大きくディナー皿
くらいの大きさがあります。 
作家さんにとっては出血大サービス価格のはず(申し訳ないような)3500円(税別)

小さなハート小皿もデビューです。しかもピンク色♪ですよ。   1200円(税別) 


f0182586_2220142.jpg

だ円の長皿も少し作りが違うバージョンですが、ジーノで サン ドイッチメニュー
に 素敵に使われています。                 2700円(税別)

買い足して頂くなど 購入下さったお客様には使いやすいと とても好評です。

f0182586_2246068.jpg
 
大きさの対比のために 上から撮ってみました。

耳付きボール ピンクも新しくできました。          2500円(税別)

大石さんのシンプルでしっかりとした作品は、料理人にも好まれていますが、
ひとことでいうと 料理が映える器 だからなのだと思います。


大石さん会心の“練りこみ”など その他の作品は次回にご紹介します。
by tousenbou08 | 2016-07-21 23:09 | うつわ | Comments(0)

大石さんの土鍋揃っています。



f0182586_20415623.jpg

大石順一   土鍋 小 17000円 、中 19000円 、大 21000円 (税別)
 
ひと目で分かる上質感、使って分かる保温性の高さ です。
デザイン性と丈夫さを兼ね備えたこんな土鍋には なかなか出会えないと思います。

工業デザインを学んだ大石さんならではの細やかな工夫も見られて(実物をごらんください)
使い易さでもおすすめします。

今なら 大中小の 3タイプ揃っていますので、用途や人数に合わせてお選びいただけますよ。
(残念ながら IHコンロではお使いいただけません。)



f0182586_2215397.jpg

ちょうど射し込んだサンキャッチャーの光も お楽しみくださいね。


☆土鍋の画像がわかりにくいかも知れませんので、過去記事のこちらもごらんください。
by tousenbou08 | 2015-11-20 22:21 | うつわ | Comments(0)

今日の朝ごはん




いつものように質素な朝ごはん。

f0182586_2231583.jpg


土鍋ごはん 今日は固めの仕上がり、お米の粒立ちが良くて食感を楽しむ私は好みです。
もちもちとしたごはんそのものが 主役になる感じ。
けれど私よりもっとお年寄りとか 柔らかめが好きな方には、どうかな?

土鍋ごはんは 炊く前の“浸水”は必須なように思います。
浸けるときの水の分量は適当で30分くらい置いて、ざるに上げたあとの水加減で炊き上がりの
固さ(柔らかさ)が違ってくるはず。。。ということで

今日は、 浸水した後なので 米と同量の水で炊いてみました。
次回は もう少し水加減増やしてみます。

もう一つの要素 加熱時間も課題ですけれどね。

それにしても大石さんの土鍋、ビジュアルが素敵です。
マットな質感(ツヤが出て来ましたが 釉薬でのツヤとは違いますよ)とデザインに、ほれぼれ♪
吹きこぼれ無しの形状もありがたいです。


f0182586_22484216.jpg


アイボリーの小鉢も大石順一作、とても重宝でお気に入りです。
今日のお味噌汁は 煮干しで取ったお出しに 親芋と厚揚げです。 サイコロに切って^^
by tousenbou08 | 2014-10-23 23:02 | うちのごはん | Comments(0)

土鍋ごはん 実験中。



大石順一さんの土鍋でごはんを炊いて見ました。

f0182586_1252428.jpg


中央に乗せたものは・・・数年前話題になって 陶千房でもたくさん販売したものですが、
品名を思い出せません。
あのころ購入してくださったお客様は今も 使ってらっしゃるのでしょうか?

うちではずっと使い続けていますので、土鍋でももちろん使います。

f0182586_127113.jpg


炊き上がりました。 うっすらおこげも出来ていい香りです。
とても美味しいと思いましたが、まだ土鍋ごはん初心者ですからこれで良いのかどうか。。。

f0182586_23374949.jpg


この日は 雑穀ごはんを炊いてみました。
ふと思い付いて 蒸気穴をお箸で塞いでみましたよ。

タイマーが故障して 時間設定は時計を見ながらで、弱火を12分にしてみようと思ったのに
すっかり忘れて30分炊いてしまいました(キャー!)が 問題なく出来上がったのにも驚き!
芯まで柔らかくふっくら、おこげも軽く出来たくらいです。

土鍋ごはんって、かなりアバウトでもOKなのでしょうか。
きっとベストをめざすならば この土鍋の特性に合った炊き方のコツのようなものがある
のでは?と思いますので 何回か試してみます。


残念なことに理論的脳?ではありませんので、試行錯誤してみなくては・・・ですね。
by tousenbou08 | 2014-10-22 00:45 | うちのごはん | Comments(0)

ある日の晩ごはん・・アマダイのてんぷら


この日、自宅近くのスーパーで きれいなアマダイの切り身と出会いました。
家族(夫)の好物 てんぷらにしよう!と即決。

冷蔵庫にあるお野菜もいっしょに。


f0182586_0515989.jpg


アマダイはとても美味しいお魚なのですが 身が柔らかくてウロコを取ったり卸したり
しているうちに 弱ってしまう・・・あくまでも私の腕が悪いだけなのですが。。。
そういうわけで 「調理済」+新鮮なもの以外 私には扱えない魚と決めています。

てんぷらという料理法も苦手なのですが勢いで(笑)一応仕上がって、いただきま~す。


f0182586_1201890.jpg


盛り付けも写真も大急ぎ! イマイチですね、、、(敷き紙は急遽コピー用紙です)

大石順一さんの正角皿(黒&白)を使いました。  (とても重宝で よく使います)



揚げ物はもうしばらくはしたくないな と思いましたが、
喜んでくれたので良かったかな・・・
by tousenbou08 | 2014-09-28 01:42 | うちのごはん | Comments(0)