テーブルコーディネート展が、開催されます。




素敵な催しのご案内です。
   『 長崎の食とテーブルコーディネート展 』 ~2つの伝統と長崎流おもてなし心~ 

       日時   3月7日(土)・8日(日)   AM10:00 ~ PM6:00
       場所   長崎市立図書館 多目的ホール
       主催   「Life style coordination studio」   協賛  長崎県, 長崎市
   江戸時代から長崎だけに守り伝えられている伝統野菜の紹介と、長崎の伝統工芸
   でもある波佐見・三川内焼の12の窯元による器を使ってのテーブルコーディネート展。

       いっぱい漢字が並んで硬そうですが・・・簡単に言うと

お料理やコーディネートのプロである 末吉優美子さんとその生徒さん達よる
「長崎産のうつわを使って、普段のテーブルをちょっとした工夫で素敵にしましょう ♪」 
という提案のイベントです。

テーブル15卓、多彩なコーディネートの数々が並び、素晴らしいものになることと思います。
 
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その中のひとつに 陶千房のテーブルもどうぞ!とお誘いいただきました。

「家庭のふだんの食卓・・がコンセプト」ということで、それならば参加させて頂けるのでは と
末吉さんといっしょにこんな組み合わせをしてみました。


f0182586_0455953.jpg


でも陶千房らしいコーディネートを と考えると、カップ(ヤキモノあんあん堂作)と
ランチョンマット(マサ子さんの)以外はみな県外の作家作品ばかりになりますが。。。?

長崎のショップのテーブル ということですから全然OKですよ。と末吉さん。
生産者や作り手だけでなくショップとしての存在も考えて下さってのご配慮を感じます。

画像の陶千房のうつわたち (この他小川洋子さんの粉引きしのぎのティーセットも
出して頂きます)が、どんなに素敵なテーブルセッティングで(すべてやって下さいます♪)
晴れ舞台に上がるのか・・・と楽しみです。

この二日間、来場された方に
波佐見・三川内の器に盛り付けられた、伝統野菜など長崎の食材を使った
オリジナル料理20種の美しい写真付きレシピも準備されています。
各300枚づつ無料で配布されるそうですから、ぜひお出かけ下さいね。

このレシピ作りなど『長崎の地産地消』の繋がりのために力を尽くしておられる末吉さんの
奮闘ぶり・・・ こちらでもごらん頂けますよ。
by tousenbou08 | 2009-02-25 02:00 | 繋がり | Comments(0)


<< 大石さんの土鍋 届きましたが・・・ マサ子さんのかっぽう着の特徴 ... >>